SSブログ
「録画地獄」は下記アドレスに引越しました
新アドレス:http://momo.gogo.tc/ginban/blog/

河瀬直美/ビクトル・エリセ「3・11」映画に世界の監督20人が協力[nikkansports.com] [映画]


nikkansports.comが「河瀬「3・11」映画に世界の監督20人が協力記事」という記事を掲載していた。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110519-777897.html
 【カンヌ(フランス)=広部玄】第64回カンヌ映画祭の最高賞を競うコンペティション部門に新作「朱花(はねづ)の月」が選出された河瀬直美監督(41)が17日(日本時間18日)、東日本大震災被災地にささげる映画「3・11センス・オブ・ホーム」を製作すると発表した。「国境が違っても同じ気持ちを持ってこの地球に生きているんだ…というメッセージを伝えられる企画になれれば」。

 同作品は世界各国の映画監督約20人の協力で製作されるという。「センス・オブ・ホーム(家という感覚)」をテーマに3分11秒の短編映画製作を依頼。河瀬監督の作品も合わせて約60分の作品として完成させる意向。

 実は河瀬監督がこの企画を考えたのは、わずか10日前だという。「映画監督として何ができるかと考えていて、何もできない日々が続いた。その時に『命が元気になることをしたい』と考えたのがこの企画の始まり」と話した。思いは世界各国の監督たちも同じで、急ピッチで準備は進んでいる。

 女優桃井かおり(60)が監督として参加予定のほか、昨年の同映画祭で最高賞パルムドールを受賞したタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督(40)やスペインのビクトル・エリセ監督(70)ら9人が参加を表明。上映日は、震災から半年後の9月11日で、開始時間も発生時に合わせ午後2時46分。同監督の地元奈良県の寺で奉納上映後、被災地で巡回上映したいという。

ということで、河瀬直美が「3・11センス・オブ・ホーム」という作品の製作を発表。

記事には、河瀬直美、桃井かおり、アピチャッポン・ウィーラセタクン(「ブンミおじさんの森」)らの名前に加え、なんとビクトル・エリセ(「ミツバチのささやき」)の名前も。

作品の発表がほぼ10年おきな超寡作のエリセ。
同じペースなら2002年の「10ミニッツ・オールダー」の次は2012年前後って事になるのかと思ってたけど、10年ぶりの「劇場公開用」の映画は前作よりも更に短い3分11秒の短編って事になるのか?

展覧会用の短編を撮ったとか、ドキュメンタリーを撮ってるとかって話は聞くけども、もう長編の劇映画は撮ってくんないのかなぁ、、、。

<関連>
・エリセ/ジャームッシュ/ヴェンダース「10ミニッツ・オールダー/人生のメビウス」は明日1/4他CSムービープラスでハイビジョン放送
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2011-01-17
・「ビクトル・エリセ DVD-BOX」が発売されるようだ--ミツバチ/エル・スール/挑戦
 (http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2008-09-03-1

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。