So-net無料ブログ作成

「2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ」が届いたので記念写真--BShi/旧盤BD/新盤"BD"比較スクリーンショット掲載中[BD][Blu-ray] [物欲記念写真]


2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ (初回限定生産/3枚組/ブックレット&アートカード付) [Blu-ray]」が届いたので記念写真。※リンクはAmazon
先月11/21から、発売が約1か月伸びての本日到着。

↓アウターケースオモテ。右の「50 YEARS AGO〜」はシールだけども、左下の「HDR」は印刷。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-01.JPG

↓アウターケースウラ。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-02.JPG

↓アウターケース背。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-03.JPG

↓インナーケース背。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-04.JPG

↓左から、インナーケースオモテ、アートカードのエンベロープ、ブックレット。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-05.JPG
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-06.JPG

↓インナーケースを開いたところ。ディスクはUHD
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-07.JPG

↓こちらのレーベルは左が本編BD、右のが特典BD。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-08.JPG


ここからスクリーンショット。※期間限定掲載/クリックで等倍/JPEG圧縮済み

2010年10月のNHK BShi放送(2018年11月のBSPも同マスター)と、
スタンリー・キューブリック リミテッド・エディション・コレクション」に収録の旧・国内盤BDソフト、
そして今回の商品のリマスター ブルーレイを比較。

<NHK BShi放送版(2010.10/12 O.A.)/DRモード>
コーデックはMPEG2、平均ビットレートは約19.0Mbps/ピークは約21.3Mbps、音声を含むファイルサイズは約19.8GB(データ放送カット)。
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BShi-1.jpg
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BShi-2.jpg
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BShi-3.jpg

<旧・国内盤BD>
コーデックはVC-1、平均ビットレートは約13.4Mbps/ピークは約29.0Mbps、音声等を含むファイルサイズは約18.5GB。
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BD-1.jpg
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BD-2.jpg
2018-11-05-2001_A_SPACE_ODYSSEY-BD-3.jpg
※2016.12/29にWOWOWで放送された「2001年宇宙の旅[吹替補完版]」は、旧・国内盤BDと同じと思われるマスターでの放送。(字幕を逃がすためなのか画面位置はやや上になっている)

<リマスター ブルーレイ>
コーデックはH.264/AVC、平均ビットレートは約30.0Mbps/ピークは約41.4Mbps、音声等を含むファイルサイズは約42.0GB。
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-BDSS-1.jpg
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-BDSS-2.jpg
2018-12-18-2001_A_Space_Odyssey_UHDBD-BDSS-3.jpg

UHD版の比較もしたかったけど、スクリーンショットを撮れる環境がないので今回は割愛。

BShi放送版は一見するとシャープっぽい印象だったけど、リマスター版と比べると補正感がやや強めに感じられますな。
3枚目の画像は、トリミングの違いだけでなく、BShi、旧BDは宇宙ステーションのかたちもアナモの歪みのせいか少し楕円に見える。



<4K/BD【予告編】『2001年宇宙の旅 HDデジタル・リマスター』12.19リリース>


<Universe>


それにしても、体調の都合で70mmやIMAX上映に行けなかったのは残念だったなぁ。
この作品、劇場で観たのは30年位前、池袋かどっかの「2010年」との併映の時の1回きりだから、デジタル上映でも良いから大スクリーンで観られるチャンスがあれば是非行ってみたい。





・ブルーレイ/DVDソフト フォトレビュー記事リンク集
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/2017-04-27
・録画地獄:[ブルーレイ新譜]カテゴリー
 (https://catalina.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300364182-1
キューブリック「フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ」が届いたので記念写真
ブルーレイ--吹替洋画劇場「博士の異常な愛情」が届いたので記念写真-キューブリック/大塚周夫/中村正/愛川欽也/家弓家正
ブルーレイ「スタンリー・キューブリック リミテッド・エディション・コレクション」が届いたー♪


共通テーマ:テレビ